y別所温泉で肌美人になるz別所温泉は、昔から「美人の湯」といわれ、女性人気が高いお湯です。お肌の大敵は参加です。別所温泉のお湯は源泉掛けがなしで、空気に触れないから肌の活性化に効果があると言われています。別所温泉のお湯でお肌を元気に美しく。

高価な化粧水を使わなくても美肌になる!?
温泉のアンチエイジング効果!

美肌効果の高い別所温泉テレビや雑誌で美容の話題になると、必ずといっていいほど「アンチエイジング」という言葉が登場します。
「若返り」効果を狙ったアンチエイジング関連の美容商品がたくさん出回っている中、温泉に浸かるだけで「アンチエイジング」効果が期待できるという話があるんです!
女性必見のその温泉効果とは?

別所温泉の外湯巡り

木曾義仲と北条氏ゆかりの「大湯」

木曾義仲と北条氏ゆかりの「大湯」

その昔、猟師に矢で射られたキジが、この湯に入り、矢傷をなおしたという伝説によって「雉子湯」とも言われました。
木曽義仲がはるか上洛の機をうかがっていた頃、愛妾葵の御前としばしば入浴していたので、当時は『葵の湯』と呼ばれていました。「葵の湯」と彫られた見事な標柱はこの史実があったからです。その後、北条義政が、浴室を建て、北条湯とも言われましたが、後にその溢れ出る湯の量の多さから「大湯」と改められました。
大湯の建物は、三層、唐破風の重厚な佇まいです。浴室はシンプルな造りで、湯船はタイル張り。小さい露天風呂もあります。別所温泉の外湯のうち、露天浴槽があるのはここだけです。

円仁慈覚大師が好んだ「大師湯」

円仁慈覚大師が好んだ「大師湯」

平安時代( 八二五年) 円仁慈覚大師が北向観音堂建立のため当地を訪れた折、好んで入浴したので大師湯と名付けられました。かつては籠の者が夜通し利用したので「籠の湯」とも呼ばれたこともありました。また大師湯には昔から弘法大師が祀られており目の病にきく薬湯と人々に信じられています。

真田の隠し湯「石湯」

真田の隠し湯「石湯」

大河小説「真田太平記」には、別所の湯がしばしば登場します。
物語の中で幸村が女忍者お江(こう) と結ばれるのも、別所の岩の間から湧き出す温泉の白い湯気の中でした。別所の湯、それは真田氏にとって大切な隠し湯でした。
石湯の前にたつ「真田幸村公隠しの湯」の標石は、真田太平記の作者、池波正太郎氏の筆によるものです。
石湯の名は、自然の岩をそのまま浴槽にしていたことに由来します。
温泉街中央の通りに面した堂々たる構えの建物です。。湯口からのお湯はかけ流しで飲泉もできます。

真田の隠し湯「石湯」

日帰り公共温泉施設「あいそめの湯」

あいそめの湯は別所温泉では最大規模の公共温泉施設で、内湯、露天風呂のほか無料の足湯があります。岩盤
浴室も併設され、床・壁がヒノキ造りとなっており、天然の木の香りがリラックス効果を高めます。

浸かるだけじゃもったいない!

大師湯の飲泉所

飲泉でさらに美しくなる!

温かい湯は、胃の緊張が弱まり、胃酸過多などに、冷泉は胃の運動が活発になるので、胃酸減少、便秘などに効果的です。

湯かけ地蔵隣りの「足湯ななくり」

足湯を楽しんでキレイになる?

いま大人気の足湯。実は健康や美容にとてもいいんです!

「足は第二の心臓」と言われるように、足の筋肉が血液を押し上げるはたらきをしているのです。しかし、運動不足や筋力不足だと足の血液が心臓に戻りにくくなります。そこで、足を温めて血行を良くしてあげるとポンプアップ効果により足に溜まりがちな血液が上半身に押し上げられ全身の血行がよくなるんです。
全身の血行がよくなると肌のつやも良くなります。また足湯は心臓への負担がなく、のぼせることなく長湯ができます。お肌の調子が悪いと感じる女性はじっくり足浴をするのをお勧めします。

 

  • お肌の大敵は「酸化」!

    肌表面の皮脂や、化粧品の油分は空気に触れる事で酸化します。酸化は食品であれば鮮度が落ちた状態。人の肌だとシミ、シワとなって表れます。つまり酸化は老化の第一歩。
    水だって同じです。空気や塩素に触れる事で水も徐々に酸化します。酸化した水で顔を洗ったらどうでしょう?
    酸化した水は当然肌にダメージを与えます。自宅の水道水は、殺菌のための塩素によってさらに酸化した状態。
    肌に良いとは言えません。

  • 新鮮な別所の湯は
    肌の活性化に効果あり

    本来地下から汲み上げた温泉水は「還元性」です。還元性は美白や疲労回復、老化防止に効果があるとされています。湯船に到達するまで出来るだけ空気に触れずに「酸化」させない事が大切で、源泉かけ流しの新鮮な別所温泉の湯はこの「還元性」が高く、効果が期待できるといえます。

別所温泉はpH(ペーハー)値8.0以上の弱アルカリ性温泉だから美肌に効果あり!